8月8日(月)、中学部・高等部それぞれで終業式が講堂で行われました。まず、5月に実施された球技大会の表彰伝達があり、その後藤田校長による訓辞がありました。藤田校長は、世にいう「先の見えない時代」について取り上げられ、「先の見える人生の怖さ」と「先が見えないこと」を比較して、後者により将来性があることを強調されました。そして、見えない将来のために、生徒諸君には、次の2つのことを大切にして歩んで欲しいと述べられました。1つは、自分の興味関心のあること(好きなこと)を大事にして欲しいこと。2つめに、誰かのために何かをしたいという気持ちを持って欲しいことです。この話のために、藤田校長は吉藤健太朗さんの考案した「分身ロボットカフェ」を紹介されました。そして、各人には無限の可能性があることを信じて、邁進して欲しいことを告げられました。そして8月24日(水)には、元気に登校して来て欲しい旨を加えられました。

球技大会の表彰(中学) 球技大会の表彰(高校)
藤田校長の訓辞(中学) 校歌演奏(高校)
本校をもっと詳しく知りたいですか?

智辯学園奈良カレッジ中学部・高等部の資料請求はこちらからお願い申し上げます。
※WEBパンフレットもこちらからご覧いただけます。

おすすめの記事