JAF奈良支部の方々にお越しいただき、3年生児童対象に交通安全教室を実施しました。

前半は、時速6kmで走る自動車が衝突したときのシートベルトの効果を体験をしたり、自動車の運転席からの死角を調べたり、反射材が暗い場所においてどれだけ効果的であるかを確認しました。

後半は、時速40kmで走行する自動車は急ブレーキを踏んでから何mで停車できるのかを事前に班で予想した後、実際に自動車を走らせて、その距離を確認しました。

シートベルトを装着することの大切さや、自動車の危険性を知ることで、児童は交通安全について学習することができました。

1-2koutuannzennkyousitu1-1koutuannzennkyousitu
1-3koutuanzennkyousitu1-4koutuannzennkyousitu
本校をもっと知りたい方へ

智辯学園奈良カレッジ小学部の資料をご入り用の方は、下のボタンをクリックしてお申し込みください。

おすすめの記事