10月の感謝祭を行いました。

まず、ピティナ・ピアノコンペティションで優秀賞を受賞した四年生の児童が表彰を受けました。

次に、理事長先生のお諭しでは、先月お亡くなりになった辯天宗の大森慈祥管長猊下のお話を賜りました。大森慈祥様は、誰でも分け隔てなく優しく包み込む慈しみ深いお人柄であったと伺っています。子どもが大好きで、本校の入学式や卒業式などの式典ではお諭しを賜り、また、朝夕の勤行では、智辯学園の子どもたちの健康と立派な大人になるようにと、毎日祈りを捧げて下さっていました。

大森慈祥様のお母様は智辯学園をお創りになった智辯尊女様です。智辯尊女様は、小学生のときから「人を助けて 学校を建てる」と固く発心され、生涯たくさんの人々の心を救い、そして智辯学園をお創りになりました。本校の教育理念の根底には、「衆生を助ける立派な社会人になるように」との智辯尊女様の御教えが反映されています。

感謝祭では、日々支えてくださる方々への感謝と、大森慈祥様のご冥福をみんなでお祈り致しました。

本校をもっと詳しく知りたいですか?

智辯学園和歌山小学校の資料請求はこちらからお願い申し上げます。
※WEBパンフレットもこちらからご覧いただけます。

おすすめの記事