避難訓練を行いました。訓練では、避難時の経路と、皆で守る約束「」という標語を確認しました。さない・しらない・ゃべらない・どらない・っていする。児童達は、実際に地震と火災が起きた場面を想定して、真剣な表情で取り組んでいました。

  

また、今年度は避難訓練の事前学習も行いました。家や屋外、学校などで地震が起きたとき、どんな危険があるのか、どんなことに注意するべきなのか。学級のグループごとに、想定される場面を決め、自分たちで話し合った対策を発表しました。

次に、低学年・高学年に分かれて、地震がおさまったらどうするかについて考えました。児童たちは話し合いの中で、「みんなで助け合う」「年配の方や赤ちゃんも避難所にくるから自分勝手になってはいけない」「わがままをいってはいけない」といった、周りの人のことを考える「思いやりの心」や「ルールを守る」ことが大変重要になってくることを共有しました。

まとめとして、東日本大震災時に現地で何度かボランティア活動を行った教員から、現地の写真をもとに、地震の恐ろしさと命を守る大切さについての話を聞きました。

本校をもっと知りたい方へ

智辯学園和歌山小学校の資料をご入り用の方は、下のボタンをクリックしてお申し込みください。
※WEBパンフレットもこちらからご覧いただけます。

おすすめの記事