小学校のアリーナⅡにおいて、和歌山市市民環境局から2名の講師の先生方を招き、3年生の「環境教育出前講座」を行いました。

自分たちの生活の中から出るごみについて、
① できるだけ少なくする。
② きちんと分別して、正しいごみの出し方をする。
  〔燃えるごみ、燃えないごみ(燃やせないごみ),資源になるごみ、大型のごみ(粗大ごみ)〕
③ 収集の決められた日と場所を守って出す。
という、3つのことを教えていただきました。

みんな、出前授業を楽しみにしていました。真剣に聞き入っていました。

中身が入ったままのペットボトルを
パッカー車にいれると……
中の液体が大きく飛び散って危険!!

最後は、分からないことを
積極的に質問しました。

感想には「ごみをできるだけ出さないように、少なくするように努力する」と書いていました。
毎日の生活の中で出るごみについて、積極的に学べたよい講座となりました。

本校をもっと知りたい方へ

智辯学園和歌山小学校の資料をご入り用の方は、下のボタンをクリックしてお申し込みください。
※WEBパンフレットもこちらからご覧いただけます。

おすすめの記事